3,161店舗掲載!
日本で一番の掲載数! 掲載店舗3,161 キャスト5,460
楽しみ方

メンズコンカフェってどんな所?

女性にオススメのメンズコンカフェ!

最近よく話題になっている新しいエンターテインメント施設、【メンズコンカフェ】
店舗数はどんどん増え続け勢いのあるメンズコンカフェですが、その世界はいったいどういったものなのでしょうか。
気にはなるけどよくわからないままは不安...、そんな方のためにメンズコンカフェの魅力やシステムを紹介させていただきます。

メンズコンカフェとは?

メンズコンカフェは男性キャストが女性のお客様を接客します。
コンカフェの正式名称が“コンセプトカフェ”であるように、お店ごとに様々なコンセプトが用意されていて、キャストのイケメンさに加えて衣装やお店の内装、演出などにより非日常の世界観を味わうことができます。


【お役立ち記事】コンカフェとは?

ホストクラブとは違うの?

男性キャストが女性を接客、と聞くと、それってホストクラブと何が違うの? と思う方も多いかもしれません。
メンズコンカフェがホストクラブと違うところは、まずは自分好みに選べる深く美しい世界観です。
ホストクラブはいわゆる指名制で指名しているホストが“担当”になるのですが、メンズコンカフェでは基本的に指名制度はありません。
お店によって指名制なこともありますが指名本数や売上で競うことがないので、無理な営業をかけられることもなく、あくまで自分ファーストで楽しむことができます。

やっぱり料金が気になるな...。

メンズコンカフェは1セット1,000円くらいからサービスを提供しているお店が多いです。
ホストクラブは初回料金こそ1,000円くらいではあっても以降は万単位以上の世界になってしまうので、そこは大きな違いですね。

そしてメンズコンカフェでは「推し」のグッズを購入でき、1番人気のチェキはだいたい1枚500円から1,500円ほどでの販売が多いです。
チャージ料金やドリンク代を含めても3,000円くらいが充分に楽しめる相場のようですね。
セット料金にドリンク代が含まれている飲み放題や、一定額で時間を気にせず過ごせるフリータイム制度を設けているお店も多くあります。


★check★

初めて来店されるお客様向けにチャージ料金やドリンク代など含めた初回料金での案内もあります。
初回料金だと1,500円前後で楽しめるのでまずメンズコンカフェの世界観を味わってみたい方にはおすすめ!

メンズコンカフェの魅力とは

そんな注目のメンズコンカフェは、リーズナブルな価格に反してキャストのクオリティが高いのも魅力です。
地下アイドルやバンド、モデルなどの芸能関連や、配信者、インフルエンサーを並行してやっているキャストも多く、ビジュアルだけでなくトーク力も抜群。
非現実を味わえる特別な空間でリアルに「推し」に会える世界線は、多くの女性を惹き付けるのでしょう。

どんなコンセプトがあるの?

メンズコンカフェにおけるコンセプトは本当に様々です。
例えば学園系をコンセプトにしているお店では制服を着たキャストが可愛い後輩、かっこいい先輩として接してくれますし、白衣を着たお医者さんが注射器でドリンクを...などというドキドキするものもあります。

他にもお店そのものが宇宙や銀河という大きなコンセプトを持ち、店内でプラネタリウムを見られるお店もあります。
音楽や歌をコンセプトにしているお店だとキャストによるステージパフォーマンスが見られることも!
よく、メンズコンカフェのキャストや世界観にことを「2.5次元」と表現されることがありますが、まさに自分好みの世界でリアルに楽しめるメンズコンカフェは、2,5次元の楽しさを味わえる場所です。

どんなお客様が来るの?

メンズコンカフェのお客様は女性が多いですが、その年齢層は広く、そして男性のお客様やカップル、親子で推し活! という方も珍しくはありません。
ドリンクもノンアルコールのものが多いのでお酒のイメージにとらわれず好きな空間を過ごせます。

推しのキャストが用意してくれる「オリジナルカクテル」や「オリジナルシャンパン」も人気です。こちらもノンアルコールのものを選べることが多いのでチェックしてみてください。

人気のサービスってあるの?

メンズコンカフェのサービスで1番人気と言えるのが「チェキ販売」です。
コンセプトに沿って撮影したチェキをはじめ、その場で撮ってもらえたり、2ショットチェキの撮影をしてくれるお店もあります。撮ったチェキに推しがメッセージを書いてくれることも!
圧倒的な人気の理由もわかりますね。

発信は全国へ

都内から認知度を広げていっているメンズコンカフェ、今は地方でもその広がりを見せているので、ぜひお住まいの近くでお気に入りのメンズコンカフェ、そして推しを探してみてください。

この記事を書いた人
カフェるん編集部 カフェるん編集部
カフェるん編集部
2010年頃に流行したメイドカフェから、現在のコンカフェブームまで、10年以上にわたり、常にコンカフェ業界の最新情報を発信しています。コンカフェ業界で最大の情報発信サイトとして、これからも活動してまいります。