3,161店舗掲載!
日本で一番の掲載数! 掲載店舗3,161 キャスト5,460
楽しみ方

コンカフェとは?専門サイトがわかりやすく解説

3分で読めるコンカフェ入門

ここ数年、ニュースやTV、街でも見かけることの増えてきた「コンカフェ」。
この記事では「コンカフェ」の意味や、メイドカフェ・ガールズバーとの違いを、
「コンカフェ」専門サイト編集部が詳しく解説します。

コンカフェとは?

「コンカフェ」とは「コンセプトカフェ」の略称です。
コンセプトに沿った衣装・メニュー・内装・パフォーマンスで構築されたエンターテイメント性の高いカフェです。
カフェというとコーヒーのイメージがあると思いますが、お酒が飲めるカフェ&バー形式が主流です。

メイドカフェとの違い

メイドカフェはコンセプトカフェの一種 メイドカフェはコンカフェの一種で、コンセプトとして「メイド服」を着た女性スタッフが接客するカフェです。

日本で最初のメイドカフェは2001年に秋葉原でオープンした「CURE MAID CAFE」だとされていますが、この時点では「コンセプトカフェ」という言葉はありませんでした。

その後メイド服以外の衣装を着るメイドカフェ的なお店が増えていく中で、その総称として「コンセプトカフェ」という言葉が定着していきました。
メイドカフェはコンセプトカフェの一種 メイドカフェはテーブル席がメインで、配膳してもらう際のパフォーマンスやコミュニケーションを楽しむお客様が多いです。
コミュニケーションの一環でチェキ(インスタント写真)が撮れるお店も多いですね!私も大好きです!!

一方でコンカフェはカウンター席がメインで、キャストさんとのコミュニケーションはメイドカフェより多い傾向にあります。

メイドカフェがコンセプトのお店には、
こんなお店があります!


ガールズバーとの違い

コンセプトカフェ ガールズバー どちらもカウンターメインの接客業 コンカフェとガールズバーは、料金システムやキャストさんの仕事内容に共通の部分があります。
どちらにも共通するのはカウンターがメインの構造と、お酒が提供される点です。
飲み放題制を取り入れるお店が多いのも共通点ですね。

逆に大きく異なるのはコンセプトの有無となります。
女の子との会話を楽しむことが唯一の目的であるガールズバーと異なり、コンカフェでは会話以外にも世界観を楽しむことができます。
コンセプトカフェ ガールズバー どちらもカウンターメインの接客業 また、ターゲット層もガールズバーはほぼ100%男性客狙いですが、コンカフェは男装カフェ等、女性客をターゲットにしたお店も沢山あります。

ガールズバーには、こんなお店があります!


男性客がメインのコンカフェ

メイドカフェを筆頭に、アニメやアニソンをコンセプトにしたコンカフェ、アイドルや声優の卵に会えるコンカフェもあります。

たまに「そんなのコンセプトにしちゃったんだ!?」と驚くときもあって、
最近だと、なんと「1,000日で閉店することが決まってる」コンカフェが爆誕してました!
(それなんてワニ?🐊)

ところで…チラシをもらってもキャストさんについて行くのって、ちょっぴり不安になりませんか?
初めて行くお店には、ホント直前でもいいので当サイトやSNSでお店の雰囲気をつかんでおくと良いと思います。
心の準備もできて、よりキャストさんとのコミュニケーションを楽しめると思います。

ちなみにガールズバーやキャバクラと比べて、コンカフェで働く女の子の多くは「稼ぎたい」より「楽しみたい」と考えている子が多いようです。
そういう子は高額な商品をおねだりしてくることもありませんので「長く」「楽しむ」ことができて、お財布的にもとてもオススメです。

男性にオススメのコンカフェのご紹介!


女性客がメインのコンカフェ

女性客に人気のコンカフェは「男装喫茶・男装カフェ」と「メンズコンカフェ」大きく分けてこの2つです。

男装喫茶・男装カフェは女性キャストが男装をして接客するコンカフェです。
男装カフェのスタッフは女性で、男性的な服装・ヘアスタイル・メイクをして接客をしています。
男装女性ならではの中性的な美しさやカッコ良さ、女性のツボをおさえたドキっとする仕草も人気の理由です。

メンズコンカフェはよく「メンコン」と略します。

【お役立ち記事】メンズコンカフェってどんな所?

古くからある執事喫茶をはじめ、戦国武将・ヴァンパイア・囚人・お化け屋敷など、聞いてみただけで「えっ、どんな感じなんだろう?」と興味をそそられるコンセプトが沢山あります。
ホストクラブより安く気軽に楽しめるということで幅広い年齢層に人気です。

一方で、過去には強引に売掛(ツケ)で飲食させられたというトラブルが報道されたこともあります。
もしそういうトラブルに巻き込まれたら一人で抱え込まず周りや警察に相談しましょう。

女性客にオススメ!
男装カフェ・執事喫茶のご紹介


女性客にオススメ!
メンズコンカフェのご紹介


コンカフェでのNG行為

一般の飲食店と同様ですが、コンカフェでもキャストが嫌がる行為はやめましょう。

おさわり厳禁!

おさわり厳禁アイコン

キャストに触れてはいけません。

コンカフェは風俗店ではありません。健全な飲食店ですのでキャストを触ろうとしてはいけません!


プライバシー

プライバシーアイコン

プライベートな質問は避けましょう!

本名ではない名前で働くキャストがほとんどです。そこにいるのは、あくまでコンセプトに沿った仮の姿。住んでる場所や通ってる学校など、あまりプライベートな質問は避けましょう!


ストーカー行為

ストーカー禁止アイコン

ストーカー行為はダメ!絶対!!

店外でキャストに合うことはできません。出待ちもNG!
もし店外で偶然キャストを見かけても見て見ぬフリをしてあげるのがマナーです。


ルールを守る

ルール厳守アイコン

たとえば、プレゼント選びにもルールがあります!

キャストへのプレゼントについては、お店がルールを定めている場合が多いです。許可されている範囲で行いましょう。手作りや生ものなど衛生的に問題のあるものは避けましょう。


暴言は禁止!

暴言禁止アイコン

他のお客さんを馬鹿にしたり見下すような発言はやめましょう。

お店ではルールを守っているお客様は平等に扱います。「オタクの相手も大変だよね?」「ドリンク付けないやつ来ない方がいいよね?」みたいな発言はお店の迷惑となります。

おさわり厳禁アイコン

おさわり厳禁!

キャストに触れてはいけません。

コンカフェは風俗店ではありません。健全な飲食店ですのでキャストを触ろうとしてはいけません!


プライバシーアイコン

プライバシー

プライベートな質問は避けましょう!

本名ではない名前で働くキャストがほとんどです。そこにいるのは、あくまでコンセプトに沿った仮の姿。住んでる場所や通ってる学校など、あまりプライベートな質問は避けましょう!


ストーカー禁止アイコン

ストーカー的行為

ストーカー的行為はダメ!絶対!!

店外でキャストに合うことはできません。出待ちもNG!
もし店外で偶然キャストを見かけても見て見ぬフリをしてあげるのがマナーです。


ルール厳守アイコン

ルールを守る

たとえば、プレゼント選びにもルールがあります!

キャストへのプレゼントについては、お店がルールを定めている場合が多いです。許可されている範囲で行いましょう。手作りや生ものなど衛生的に問題のあるものは避けましょう。


暴言禁止アイコン

暴言は禁止!

他のお客さんを馬鹿にしたり見下すような発言はやめましょう。

お店ではルールを守っているお客様は平等に扱います。「オタクの相手も大変だよね?」「ドリンク付けないやつ来ない方がいいよね?」みたいな発言はお店の迷惑となります。


総じて、わがまま・非常識・高圧的・下品なお客さんは嫌われますね。
良識的な振る舞いでコンカフェを楽しみましょう。

コンカフェが多いのはどこ?

コンカフェが多い3大都市といえば東京・大阪・名古屋!
東京では秋葉原・新宿・池袋、大阪は日本橋・梅田、名古屋は大須・栄に集中しています。

最近ではこれらの都市部以外にも全国的にコンカフェが拡がりつつあります。
特に北海道の札幌や、九州の福岡にもコンカフェが広まってきています。
ただし、地域によってはまだコンカフェが少ない場合もありますので、当サイト ”カフェるん” で下調べしてから向かうのがオススメです!



コンカフェで働きたいと思った方へ

サイトイメージ ”カフェるん” は2,000店舗以上のお店から好みの条件にあったお店を探せる日本最大のコンカフェ求人サイトです。

情報量の多さが最大の特徴で、お店の雰囲気がつかみやすいはずです。

また、応募前に匿名で質問ができるサービスもあるので、ちょっとでも気になるお店があったら気軽に質問をしてみましょう!

女性が働くコンカフェはもちろん、メンズコンカフェもたくさん掲載しています。ぜひ、今しかできない楽しいお仕事としてコンカフェを検討してみてくださいね!
”カフェるん” は2,000店舗以上のお店から好みの条件にあったお店を探せる日本最大のコンカフェ求人サイトです。

情報量の多さが最大の特徴で、お店の雰囲気がつかみやすいはずです。

サイトイメージ また、応募前に匿名で質問ができるサービスもあるので、ちょっとでも気になるお店があったら気軽に質問をしてみましょう!

女性が働くコンカフェはもちろん、メンズコンカフェもたくさん掲載しています。ぜひ、今しかできない楽しいお仕事としてコンカフェを検討してみてくださいね!

この記事を書いた人
カフェるん編集部 カフェるん編集部
カフェるん編集部
2010年頃に流行したメイドカフェから、現在のコンカフェブームまで、10年以上にわたり、常にコンカフェ業界の最新情報を発信しています。コンカフェ業界で最大の情報発信サイトとして、これからも活動してまいります。